いきなりセンセーショナルなタイトルでびっくりしましたか?それともなに馬鹿なこと言ってるんだ、と思いましたか?どちらにしろ少しでも興味を持っていただけたのなら、是非この記事を最後まで読んで睡眠不足自殺の関係を知ってください。

自殺者の平均睡眠時間は5時間だった

まず興味深い調査結果があります。厚生労働省の調査結果では自殺者の普段の生活を調べた結果自殺をする人は睡眠に関する悩み、特に不眠に悩まされており、平均して5時間しか寝ていないというのです。

これだけ聞くと、「犯罪者の99%は人生で一度はカップラーメンを食べたことがある」というようなこじつけ気味のブラックジョークのように思いますが実はそうではありません。その理由は不眠の理由と、その治療に問題があります。

なぜ睡眠が足りないと自殺につながるのか?

睡眠が足りないとまず体に様々な変化が現れます。

・脳の機能低下
・ストレスの蓄積
・うつ病リスクの増加

まず一番に影響を受けるのは脳の機能低下です。睡眠不足により脳がしっかりと休息を取れていない状態になるとまず判断力や思考能力が低下し、正常な判断が下せなくなります。それにより、些細なミスが増えたりします。そしてそれが原因でストレスを感じやすくなります

普段なら気にならない些細なことでも、感情を抑制する機能が低下するためストレスと判断してしまうのです。そして最後にそんな状態が続くことにより「うつ病」のリスクが増加してしまします。また、このような状況になった場合まず睡眠薬などで睡眠時間の確保を行うと思いますがその対処がとても危険なのです。

自殺を誘発する睡眠不足、睡眠不足→判断低下→些細なミス→ストレス→感情高まる→繰り返す→ストレス→うつ病→自殺。睡眠不足が原因で身体的・精神的に追い詰められる

睡眠薬の恐怖についてはこの記事で紹介していますので参考にしてください。

つまり、睡眠不足そのものが自殺の要因というよりは、睡眠不足が原因で引きおこるさまざまな身体的・精神的変化やその対処の結果、自殺という最悪の結末を迎えてしまうのです。

睡眠の質を向上して豊かな生活を

ここまで読んだあなたは睡眠不足がいかに恐ろしいかが理解できたでしょう。しかし、現在睡眠に悩んでいる人が気になるのは「どうしたらいいのか」という事だと思います。安心してください。それについてもしっかり解説します。

まず、睡眠不足の要因ですが、様々な要因があります。しかし、じつはストレスなどの心因的なことが多いのです。ですからストレスに対処し心が健康になれば自然と不眠は解消するのです。そしてそのストレス解消に一番役に立つのが質の良い睡眠です。寝られなくて悩んでいる人にしっかり寝ましょう。

では少し無責任だと思われるかもしれませんが、このサイトではそんな悩みを解消するための睡眠サプリメントを紹介しています。

マインドガードDX・・・心をリラックスさせて自然と眠くなる成分を配合
潤睡ハーブ・・・必須アミノ酸を含み体の中からストレスに対抗する

睡眠不足にお悩みのあなた、ぜひ上の睡眠サプリメントで睡眠の質を向上し健康な毎日を手に入れましょう。