あなたはカジノに行ったことはありますか?もちろん外国のカジノですよ?日本ではカジノは違法なので絶対に行かないでくださいね!カジノといえば、大金が飛び交い、ディーラーとギャンブラーの真剣勝負の場です。

そんなカジノでは非常に緻密な心理学に基づいた経営がされているというのです。今日はそんなカジノに関するお話を紹介していきます。

カジノは意図的に睡眠不足にするように作られている

ラスベガスのカジノではカーペットの模様や音、光など細かなところまで気を使って設計されています。その目的は何なのか?それはたった一つ。客の興味を引き、眠らせないためです。カジノというのは基本的に夜に営業していますので、昼の仕事などが終わってからカジノに行きます。そこで、静かで落ち着いた店内だとどうでしょう?すぐに眠たくなって帰ってしまいますよね?

ですからあえてきらびやかな店内にして客の眠気を妨げるのです。ではなぜ眠らせないように作っているのでしょうか?それは、睡眠不足の度合いと消費する金額は比例するという研究結果に基づいています。

睡眠不足と賭け事の意外な関係

睡眠不足の状態が続くと、人間は利益を見積もる部分が活発になり、損失を見積もる部分の活動が鈍ってしまうそうです。つまり、ギャンブルに負けて失う事よりも、ギャンブルで得られるかもしれない利益のことばかり考えてしまい、ついついお金を使ってしまうというのです。

これに関しては実験の結果もあります。健康な人たちを集めて徹夜した組と普段通りの睡眠を取った組に分かれギャンブルを行います。そうすると徹夜した組のほうが損失を抑えるよりも利益を増やすという意思決定を行いやすいという結果が得られました。

睡眠不足とギャンブル睡眠不足になると判断力が弱る ↓ 消費する金額が上昇する ↓ 損失よりも利益を増やそうとする ↓ 睡眠不足の時は通常の判断と違う

良質な睡眠で正常な判断を

以上のことから、睡眠不足は脳の意思決定を通常とは違うものにしてしまうという事が分かりました。これはギャンブルに限ったことだけではありません。

人生とは決断の連続です。大切な決断の時にしっかりと正確な判断を下すためにも普段からしっかりと睡眠とをり、心と体を休ませておきましょう。また、睡眠の質を上げるのには睡眠の質を上げる9つの方法にて詳しく触れていますのでこちらも是非チェックしてみて下さい。