朝起きれない人はだらしないと思われてしまいますよね。
会社でも学校でも遅刻をよくする人は朝だらしないということを言われたり、もしくは意志の弱い人間だと決めつけられます。

一般的にはだらしなかったり、意志が弱いということは要因の一つであると思います。
しかし、意思をどれだけ強く持っても寝坊してしまう人はいます。

遊んでいるわけではないのに、朝起きられない5つの原因は

もしあなたが、自分で朝起きられないようであれば、こういった原因が考えられます。

朝起きられない原因5つ

遊んでいるわけではないのに、朝起きられない5つの原因は

1.睡眠不足になっている

一番思いつきやすい感じの答えだと思います。
睡眠の質が悪いとどうしても起きるのに苦労してしまいます。

睡眠時間が短いだけではなく、睡眠時間は十分とれている(7時間前後)のに、朝起きれない場合は、

疲労の蓄積に対して回復が追い付いていない

疲れている状態が慢性的であったり、過度の疲れであった場合は通常の睡眠よりも多くの栄養素を必要としています。

睡眠の質はメラトニンですが、そのメラトニンを分泌するためにはトリプトファンという必須アミノ酸が必要となります。必須アミノ酸は、全9種類あり、どれか一つでも摂ることができないと、せっかく摂り入れたトリプトファンの効果も半減してしまいます。

過度のストレスを抱えている

ストレスが多いと、自律神経が正常に作動せず、安らぎを与えてくれる副交感神経のスイッチがなかなかONになりません。ストレスを抱えたまま生活をしていると、交感神経が優位に働き緊張した状態が続いてしまいます。

睡眠はリラックスしているときが一番質の良い睡眠がとれています。
睡眠を取るときに緊張した状態では、本来とれる疲れでも、取れなくなります。

2.朝起きる時間が一定ではない

朝起きる時間はいつもバラバラって人は、気を付けたほうがいいかもしれません。
朝起きる時間がバラバラということは、日の光を浴びるのもバラバラになってしまい、体内時計が狂ってしまう可能性が非常に高くなります。

睡眠ホルモンであるメラトニンは朝日を浴びてから約16時間後に分泌されるようになっています。
つまり、8時に起きて朝日を浴びたとすれば、深夜0時に眠くなるホルモンが分泌されるようになっているんです。

その睡眠ホルモンが正常に分泌されないことで朝起きれないということが起きてしまいます。

3.ロングスリーパーである

ロングスリーパーとは通常よりも長時間の睡眠が必要な人のことです。
平均で9時間以上は睡眠をとらないと寝た気がしないという方はロングスリーパーに分類されると思っていいでしょう。

ただし、ロングスリーパーは一時的なものではありません。疲れが溜まっていたり、ストレスが溜まっている一時的な長時間睡眠はまた別の話ですので、自分の睡眠をよく思い返してみてください。

4.食事が不規則であり、栄養の偏りがある

食事の問題は、大きいです。
生活をしていくうえで最低限必要なものは衣食住であり、人間の三大欲求にも食欲があるように人間が生きていくうえで欠かせない行動の一つでもあります。

食事が不規則

食事が不規則だと、それだけで体内時計が狂ってしまう原因となります。
体内時計は、食事をする時間を一定にしておくことでも整えることができます。7時に朝ご飯を食べるというのが習慣になると、身体は勝手に体内時計を7時に修正してくれます。

朝・昼・晩とできる限りずれがないようにとることであなたの睡眠の質が上がります。

栄養の偏りがある

前述しているように必須アミノ酸の一つであるトリプトファンには睡眠に必要な睡眠ホルモンメラトニンを作るのに必要な栄養素ですが、全部で9種類の必須アミノ酸を摂らないと効果が半減してしまいます。

メラトニンの分泌が正常に機能しない場合、あなたの睡眠の質は落ちてしまいます。
睡眠の質を落とさないためにもバランスの良い食事を意識してみましょう。

5.病気の可能性・・・

睡眠の質が低下してしまっていたり、そもそもで睡眠を取ることができないという方は、睡眠障害の可能性もあります。

睡眠障害は多岐にわたっており、素人の診断はあてにならないと思います。
しかし、病院にも行けないけど少しでも解決させたいという方は、睡眠サプリメントを取り入れてみることをお勧めします。

睡眠障害は本来睡眠をとらなくてはならないのに、何らかの原因で睡眠の質が低下したり、睡眠がとれなかったりします。

軽い症状であれば回復する可能性もあります。しかし、できるだけ早く病院に行ってみることをお勧めします。

朝起きれない原因の解決方法は

遊んでいるわけではないのに、朝起きられない5つの原因は

1.自分の生活全体をもう一度見直す

疲れていないか?

あなたは、最近仕事に追われていませんか?
あなたは、家庭環境に変化がありませんでしたか?
家のローン、子供が生まれたなどのライフイベントはうれしい反面強い疲労感を味わうこともあります。

ストレスを感じていないか?

疲れと似ていますが、ストレスと疲労は同じベクトルを向いていることが多くあります。
疲れているときは、ストレスを伴っていることも多くありますので、疲れを感じている場合はストレスも一緒に感じていると思ってください。

ストレスはあなたに対する刺激すべてを指します。
うれしいこと、幸せなこと、緊張すること、切ないこと、悲しいこといろいろな感情がありますが、それらはすべてストレスです。

幸せすぎて不安に感じたことはありませんか?

交感神経が働いて、不安感と緊張感をあおっている状態です。
幸せすぎて怖いとか、実際にあなたも感じたことがあるのではないでしょうか?
ストレスと聞いたら不幸であり、ネガティブな印象を受けがちですが、それだけをストレスと呼ぶわけではないことを覚えておいてください。

2.朝日を浴びる時間を一定にする

つまり簡単に言うと、起床時間を一定に保つように努力するということ。
朝起きる時間が不安定だと、朝日を浴びる時間がずれてしまいます。

朝日を浴びたのが8時だと眠くなるのは深夜0時と説明した通り、朝起きる時間が睡眠に影響しているのは言うまでもありません。

休日でも朝9時には朝日を浴びて

そうです。メラトニンが分泌されるまでの時間は、朝日を浴びてから約16時間後です。
16時間後ということは、朝9時に起きたとした場合、深夜1時に眠くなるという計算になります。

夜10時~深夜2時が睡眠には一番いい時間帯とされているので、この時間までには寝てほしいという思いで、朝9時までには寝るように心がけてみてください。

3.すっきりと起きれる就寝時間を把握しよう

ロングスリーパーは、非常に調節が難しいです。
通常の睡眠時間が必要な人が9割であるのに対して、ロングスリーパーとショートスリーパーは合わせて1割程度です。
その分理解もされにくいでしょう。

夜10時には睡眠をとるように心がける

これは、夜10時~深夜2時が睡眠の質が一番いい時間帯と言われていることから、この時間に睡眠をとることで、9時間睡眠がとれなかったとしても1日乗り切れるだけの睡眠の質を上げるために考えました。

時間だけにとらわれず睡眠の質を上げることを考えてみてください。

4.食事に気を付ける

睡眠なのになんで?と思うかもしれませんが、やはり身体の活動には栄養は欠かせないものです。バランスの良い食事で身体を整える準備をしてみてください。

必須アミノ酸9種類だけではなく、カルシウムやビタミン、ミネラルにも気を付けて取り入れてください。

それでもだめなら・・・

5.サプリメントで調子を整える

サプリメントに頼ることは恥ずかしいことではありません。むしろ問題を問題と考えていない方がよっぽど恥ずかしいです。

朝起きれない自分を変えようと努力している姿はきっとどこかで現れますし、遅刻を直そうとしているところは非常に評価されるべきところです。

疲れを多く抱えている方には

疲れを多く抱えているあなたには、必須アミノ酸全9種類を取り、トリプトファンの働きを最大限に生かすことが必要だと思います。

必須アミノ酸全9種類が含まれている潤睡ハーブを使って、朝すっきりと起きましょう。

>>潤睡ハーブ

ストレスを多く抱えている方には

ストレスは自律神経の働きが弱っている人です。
自律神経が弱っていて、交感神経が過剰に反応している状態を改善するためにもリラックスした状態を作り出し、副交感神経に切り替わりやすい身体作りをしていきましょう。

こころの青汁とも呼ばれているリラックス効果が非常に高いマインドガードDXを使って、ストレスを感じていても副交感神経が働くように切り替えていきましょう。

>>マインドガードDX

副交感神経は腸内環境を整えるだけでも大丈夫

副交感神経が優位な状態のときは消化器系の活動が活発になります。交感神経が優位の時に消費したエネルギーを蓄えるためです。

副交感神経が優位の時に身体の修復を行いますので、副交感神経が優位の状態と同じにしてしまうことで、リラックスし、安眠することができるということです。

デイリーシャントには、善玉菌生産物質が豊富に含まれており、腸の調子を整えて活発にしてくれます。消化器系の働きを整えて、ストレスによって交感神経が優位を副交感神経優位に切り替えましょう。

>>デイリーシャント

サプリメントは、最初から取り掛からなくてもいいと思います。
しかし、体質を変えるということは非常に時間のかかるものです。効率よく切り替えるには、睡眠のことを考えた睡眠サプリメントを使うのがいいと思います。

睡眠サプリメントを使ったとしても、時間はかかります。
あなたの朝起きれないがどれほど大切なことなのかを考え、どうしても必要と判断したら、あなたの今の問題に合う睡眠サプリメントを取り入れてみることも考えてみてもいいと思います。