睡眠不足自律神経失調症につながるという問題です。自律神経失調症とは、自動でリズムを刻んでいる神経の調和が乱れる症状です。心臓を動かす筋肉は自分で意識しなくても勝手に行ってくれます。

心拍の調整や、消化器系の働きを調節している神経が上手に働かなくなってしまうという精神的な病気です。

自律神経が一度乱れてしまうともとに戻すまでに長い時間がかかってしまうのも特徴の一つで、乱れることが少ない自律神経が乱れるほど無理をしてしまったということにあります。

自律神経失調症の主な症状

自律神経失調症には肉体的な症状と精神的な症状の二つがあります。

肉体的な症状

蓄積された疲労、めまい、頭痛、動悸、ダルさ、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどのつかえ、頻尿、残尿感、冷え、瞳孔の調節ができない

精神的な症状

イライラ、感情が不安定、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、焦りを感じる、集中力の欠如

もし、この症状を最近よく感じるという場合は、心療内科へ一度行ってみるか、もしくは睡眠の改善に取り組んだほうが良いと思います。

自律神経失調症の予備軍になっている可能性もありますので、早いうちに芽を摘んでおいてください。

自律神経が乱れてしまった要因は3つあります

自律神経が乱れるのは相当なストレスがかかっていた可能性が高く、それだけではなく、ストレスのやり場や慢性的な睡眠不足による副交感神経の働きの抑制など。
考えられることはたくさんありますが、3つに注目してみましょう。

睡眠不足が続くことで自律神経失調症になる可能性がある

①体内時計が乱れてしまっている

夜更かしや、夜型、夜間勤務のある会社または、子供のころの不規則な生活習慣と体内時計を乱す要因はたくさんあります。

体内時計を乱すことで交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行われずに、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が抑えられてしまっている。

朝起きることができずに、太陽の光を決まった時間に浴びていないことで体内時計をリセットすることができていないなども考えられます。

体内時計が乱れている状態だけであれば、簡単ではありませんが、元の状態に戻すことも可能ですのではやめに気づき対処することで改善されます。

②ストレスに弱い体質

ストレス耐性がある人とない人によって自律神経が乱れやすいか乱れにくいかを分けることができます。

あなた自身がどちらに分類されるのかを考えて、ストレスを感じたりした場合は、早く寝るなどの対処を早めに行ってください。

睡眠不足が続くことで自律神経失調症になる可能性がある

感情のコントロールが苦手

感情のコントロールが苦手な人は、自分の思ったことを相手に伝えられないこと自体がストレスとなります。

相手に思ってることを伝えること自体が恥ずかしいと感じてしまっている人も日本人には多いです。

こんなところで怒っていいものか?
場の空気を壊さないように自分が我慢しよう。

など、相手を思いやることができる人も感情のコントロールをしようと普段から負荷をかけてしまい、感情のコントロールをし過ぎてしまっています。

気持ちの切り替えができない

ストレスというのは切り替えができる人にとっては何でもないものです。しかし、悩んでいる時間が多いと必然的にストレスに触れている時間が長いため、精神的な疲労がたまりやすい状況に長時間さらされることになります。

ストレスを感じても、それほど気にしない人は精神的な疲労はたまりにくいです。

人と信頼関係を築くことが苦手

人のあったかさに触れることで解消されるストレスは計り知れません。

ストレスの根本は人間関係といっても過言ではないくらい大きな割合を占めています。

信頼関係を築くことでストレスを感じても、あの人に話せばとか、あの人と一緒に居ればという人がいればストレスの感じ方はだいぶ変わります。

③環境の変化に過度のストレスを感じる

環境の変化は大きなストレスになる可能性が高いです。
新入社員や新入生と言われる人は人生で大きな決断をし、期待と不安で胸をいっぱいにさせ新しい環境へ飛び込みます。

その時の精神的なストレスは、大きく、また繊細でもあります。

精神的な状況の変化だけではなく、いつも仲良かった人がいなくなってしまったり、慣れ親しんだ環境から新しい環境へと移っていく。

当たり前のように通っていた場所ではなくなったり、また1から作り上げていかなくてはいけないことも精神的なストレスを感じてしまう要因の一つといえるでしょう。

自律神経を戻すにはストレスを解消することが大切

ストレスを感じることは悪いことではありません。

さらに、環境の変化について言えば、悪いことだけではありません。しかし、期待よりも不安が勝っている状態ではネガティブな感情が優位に立ちやすいのも事実です。

自分がしたいことができるのか、自分が目指していたことなのか。
そういった高い目標で意識が高まっている状態であるため少しのミスも許されないと自分で自分を追い込んでしまうこともあります。

そういった時には特に睡眠に重点をおいて生活してみましょう。
入社式や入学式、部署のあいさつ回り、新しい仲間との触れあいには精神的なストレスが多くかかります。

そんな日はいつもよりも眠気が増していたりしないでしょうか?
期待と不安でこころは疲れてしまっています。

睡眠が大切な理由

第1に疲労回復に大きく貢献してくれるということが挙げられます。

疲れてしまったこころを癒してくれるのは、飲み会でもゲームでも、映画でもありません。

メラトニンという睡眠ホルモンには幸せを感じさせてくれるホルモンとしても知られており、メラトニンをしっかりと分泌させることで、疲れをその日のうちにしっかりとなくすことが大切です。

そして、メラトニンの分泌量によって睡眠の質は大きく変わります
もし十分な睡眠時間を確保できない場合は、睡眠の質を上げることに注目してみてはいかがでしょうか。

こころの安らぎに必要な成分がたくさん含まれているマインドガードDXであなたの副交感神経を優位にしながら、質の良い睡眠をとることができます。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~